海外旅行するにあたって気になるのは、食事やお金のことだけではない。もっとも注意すべきは治安のことである。

フィリピンは東南アジアではカンボジアに並ぶ治安の悪さだ。独立を果たしたばかりの東ティモールに次ぐものである。実際日本人留学生が殺された事件もあり、観光は比較的安全と言われているが、注意するに越したことはない。

犯罪発生件数は公式に発表されているものの、額面通りに受け取れない部分もある。認知件数と実数値は乖離している可能性があるからだ。

一応発表数値を見てみるに、凶悪犯罪は強盗がもっとも多いが、殺人の比率も高い。各国では強盗が圧倒的に多い傾向にあるので、フィリピン特有であると言える。

これはどの国でも言えることだが、危険な場所には近づかないのが鉄則だ。では、外務省が発表しているフィリピンにおける危険地域とはどんなところがあるのか。

もっとも危険とされているのは南部にあるミンダナオ地方だ。特にその西部は紛争地帯にもなっていて、イスラム過激派が活発に活動している。誘拐などの恐れもある危険な場所だ。

次いで危険な場所はマニラだ。これもどの国でも言えるが、人口の多いところは自然と犯罪が発生しやすくなる。犯罪が多いので警察も迅速に対応しにくく、自分の身は自分で守るという意識を、常に持っておかなくてはならない。

とは言っても、具体的にどうすればいいのか。旅行会社なども喚起している注意事項を紹介しよう。まずはここが日本ではないと思うことが大切だ。世界でも有数な安全な国である日本とは、常識がまったく違うと意識する必要がある。

前もって旅行会社に危険な場所を聞いておくといい。地図を示しながら教えてくれるはずだ。単独旅行の場合は、ホテルの場所や行くスポットを事前に把握しておくと、向こうに行っても右往左往しなくてすむ。

あと、夜には極力出歩かないことだ。女性は特にそうで、「人通りの多い繁華街だから大丈夫」ということはない。

話しかけてくる人には警戒心を持たなくてはいけない。たとえそれが子供であっても同じことだ。子供を使ったスリなども多発している。

たくさんのお金を持ち歩かないことも大切だが、まったく持っていかないのも返って危険になる。というのもお金を払えば命を取ろうとまでは思わず、持っていない場合には、やけっぱちになって殺される恐れがある。

強盗に遭ったときにはすぐにお金を渡したほうが無難だ。これらを心がけていれば、フィリピンへの旅行はそれほど危険ではない。